均整とは?
姿勢保健均整術とは、「姿勢」つまり骨格や筋肉を正常な位置に整えることで身体の歪みを取り除き、様々な不調の改善、健康回復を行います。ふだん、何気なく感じている肩凝りに腰痛、便秘や不快感など、実は骨盤や背骨の歪みが原因だったりすることがあります。その症状は悪い姿勢や生活様式から起こります。身体均整法では身体の歪みを正しくすることにより、自然治癒力を高め様々な不快を解消する手技療法です。
歪みが起きると? 慢性疾患は身体の歪みが起因しているといわれております。。 歪みの原因は日々の生活での何気ない行動、ストレス、スポーツのやりすぎなど様々です。 小さな歪みも放っておくと悪い姿勢が固定化してしまい、本来の調子が発揮されずいろいろな症状として表れます。そして『病気ではない病人』となってしまいます。
手技方法 12種体型学…身体の特徴によって12種類の体型に分類し、この体型を基本として骨格・筋肉のバランスを整え歪みのない正しい姿勢に調節していきます。
 (均整最大の特徴です)
骨格均整術…主に脊髄・骨盤・関節などの骨格調整を行います
筋肉操縦術…萎縮・緊張した筋肉のバランスをとる調整を行います
経絡反射術…東洋医学のツボを使って調整します
脊髄神経反射術…神経に作用させます
内臓賦活術…弱った内臓を元気にさせます
姿形均整術…O脚や皮膚をきれいにするなど美容に関する調整です

12種体型学とは?

身体均整法の創始者である亀井進先生が長年の研究と実践に基づいて考案された手技療法で、カラダのゆがみを大きく6パターンに分け、各パターンごとに重心のかたよりあるいは姿形の特徴などからさらに陰陽の2タイプに分け、全部で12種の体型に分類します。

FORM 1、2  ● 前後型 (頭脳型) 

FORM 3、4  ● 左右肩下がり型 (消化器型)

FORM 5、6  ● 左右ねじれ型 (泌尿器型)

FORM 7、8  ● 肋骨型(呼吸器型)

FORM 9、10 ● 骨盤型 (生殖器型)

FORM11、12 ● 筋肉型 (循環器型)

これを「12種体型」といい、それぞれの体型によって「姿勢の特徴」、「ゆがみやすい骨」、「かかりやすい病気から性格」まで違いがわかるようになっています。またそれぞれの体型ごとに、「どの骨」に「どのような刺激」を「どの方向」に入れたら効果的なのかもわかります。

私たち身体均整師は基本的に、この「12種体型学」に基づいてその体型特有のゆがみやすい骨にやわらかい刺激を加えることにより、一見関係なさそうな部位にまで効果を与えながら体型を変化させることができるのです。

プロフィール
均整師 山口 泰弘
平成10年東都リハビリテーション(姿勢保健均整学科)卒業
幼少の頃から柔道に打ち込み、数多くの怪我をすることにより、体の構造、マッサージなどに興味を持ち始める。高校時代腰痛を起こし、均整師にみていただいた事をきっかけに、均整の道に進むことを決意。平成11年、久米川均整院を開院後、家業である旅館の勉強もはじめる。現在、旅館業を主に、旅館だからできる健康法などを提案しています。